京都の夏の風物詩・川床

  • #旅行
  • #京都
  • #納涼
  • #川床

今年の夏の平均気温は北日本から西日本は高くなる見込みで全国的に厳しい暑さの夏になりそうです。赤道に近い熱帯太平洋で海面水温が平年よりも西部で高く、東部で低くなるラニーニャ現象が秋の終わりにかけてつづく見込みで。日本への影響は太平洋高気圧が張り出しやすくなり気温が高く猛暑になりやすくなります。

そこで猛暑の夏は5月から9月末に開かれ涼しげな風物詩京都の川床について紹介致します。

鴨川の納涼床

まずは京都市内の二条から五条の西岸に床を組である鴨川納涼床(のうりょうゆか)・川床(かわゆか)。
川からは離れてはいますが市街のお店なので京料理の他にフレンチやイタリアンなどが楽しめる有名料理店が数多く営業しています。

日中の日の高い時間帯は食中毒や熱中症対策などで昼中の野外での食事は制限されていて、昼はクーラーの効いた室内で楽しむことができます。
夜は野外でも利用可能な2部制のお店が多めです。

街中で交通の便も良いので、宿泊時の夕食におすすめですよ。

高雄の川床

次は京都市内中心から車で30分ほどの京の奥座敷高雄の川床(かわどこ)。
郊外なのでタクシーや自家用社でないと移動が困難なのが難点です。

市街地より気温が5~10度ほど低いので、涼みながら、自然とお料理を楽しめます。
川の上に直接座るのでなく、清滝川沿いに川の横にお座敷を儲け川のせせらぎを眺めながらのお食事となります。屋根の付いた座敷となっていますので雨でも京料理を満喫することができます。

川床にいくなら、鯱バスツアーで!

京都駅から京都市の中心地への移動は時間がかかりがち。特に紅葉などの観光シーズンはどの交通機関も込み合うので、移動で疲れてしまうことも。
また、個人で貴船・高雄エリアの川床へ行くとなると移動がネックとなります。

バスツアーなら、ゆっくり観光バスに乗って移動できるので、混雑しても、車窓から京都の街並みを眺めながら移動することができますよ♪
鯱バスツアーでは9月まで【都の夏 京都・高雄で味わう川床料理】ツアーのご予約を現在募集中です。京の奥座敷でのお食事と嵐山観光をお楽しみ頂けます。ご予約をお待ちしております♪

この記事を書いた人

M.C

旅好き女子です。今年の夏は富士登山にチャレンジしたいと思ってます。

このコラムの内容と関連している(かもしれない!?)
『バス旅特集&バスツアー 』 はこちら